看護部の取り組み

看護部の取り組み

―季美の森リハビリテーション病院の看護を一緒に担うあなたへ―

副院長兼看護部長/布施とも子
看護部長 塚原 信江

看護部の基本理念は、思いやりのある看護を提供することです。24時間・365日、常に患者さんの傍らに寄り添っている看護師だからこそできる最善の看護をあなたと提供していきたいと思っています。
回復期リハビリテーション看護を追求し、リハ医療チームの一員として患者さんの地域社会への復帰を共に支援していく仲間を求めています。
そして職員同士が思いやりを持って、生き生きと楽しく働ける、安心で安全な職場づくりを目指していきます。新しい病院だからこそ、できることがあります。一人ひとりがやりがいの持てる看護を季美の森リハビリテーション病院で一緒に実現しませんか。

―理 念―

理念

―基本方針―

  1. 1.患者さんの人権及び価値観を尊重します
  2. 2.患者さんが主体性を発揮できる環境を整え、「待つ看護」を提供します
  3. 3.「ぬくもりのある手」であたたかな看護を提供します
  4. 4.常に最善のリハビリテーション看護を提供できるよう、自らの人間性と専門性を高めるように努めます
  5. 5.笑顔で働ける職場づくりに積極的に参加します

病院準備室より

「こんな看護師募集中!」

「もっとじっくり患者さんやご家族に関わりたい」
「処置に追われない看護がしたい」
「もっとやりがいのある看護がしたい」
「笑顔で働きたい」「子育てと仕事を両立したい」などなど
「こうしたい~ ああしたい~ 」を
私たちと一緒に実現しませんか。

やる気のあるあなたを募集中!